赤岩青巌峡

p100095722日からは占冠村。正確には日高の青年の家に滞在してどっぷり赤岩青巌峡に浸かることにした。

9/22
ぶったまげ岩
ニンジン 5.9 O.S.
 シケシケだった。
日高源流エサオマン 5.13b 2try
 トライしてみるもシケシケなのとムーブがわからず敗退。
爆発するぜ 5.11c 1try
 オンサイトトライしてみるもダメだった。それどころがケガしそうになった…

9/23


雨天のため中止。神居古潭にも行ってみるもやはり降雨中だったので旭川で適当に観光してレスト。

9/24
えらいこっちゃ岩
天国列車 5.12b 4try
 23日の雨で比較的日当たりがよく乾きやすい天国列車に変更。とりあえずムーブはバラせた。

9/25
えらいこっちゃ岩
天国列車 5.12b 3try
 ムーブは分かったので登るぞーと思ったが連登で腕が終わってた。

広告

小樽赤岩

1474429982036

9/20は小樽赤岩へ。
すぐ分岐するのにその分岐点が分かりづらく行き過ぎて迷子になってしまった。それでも懲りない。

西奥壁
西壁ダイレクト? T.O.
絶景と聞いていたので登ってみたが、ラインがよくわからないので適当に登った。

DSC_0075
1p目 リード
ダイレクトに直上しようと思ったが、なんと離陸不可。左から巻いて登った。
DSC_0076
2p目 フォロー
ラインがよくわからないので好きに登ってもらった。左から巻くといいクラックがあるのだがカムが必要。


とりあえずトップアウト。

下山後は適当に登ってみることにした

西壁・とかげの洞窟
ジャミラ 5.11a 1try
 離陸は出来たが繋げられず敗退。

アジアンビート 5.10c O.S.
 ヨレヨレだったが登った。

石垣山

9/19
お次は石垣山。
愛別駅からアプローチしようと思ったが、道がえぐられて通れなくなっており危険なので戻って迂回して、きのこの里あいべつオートキャンプ場から入った。

アプローチは30分以上?
やっぱり道迷いした。一本道なのに。

桂岩

DSC_0064
ナルコレプシー 5.9 O.S.
DSC_0059
ファイブテン。5.10a O.S.
DSC_0065
野崎村 5.10bc O.S.
DSC_0068
クレージーラヴ 5.10b 1try
 よれたのか離陸不可(笑)

ついでに魅力的なクラックを探索。

DSC_0066
ガンバレクラック 5.10b
DSC_0067
大きな岩の下 5.10a
DSC_0069
星の指輪 5.10b

層雲峡

9/18
まずは層雲峡。トポが書籍で残っていないのでつてをあたって入手した。

発電所裏
オススメされて。

DSC_0041
不明 5.10a O.S.
 濡れていたので左から巻いてあがった。

ベスピュラ5.11b 1try
快適なハンドからテラスに乗り、フィンガーに入るところで離陸できず。

天狗の挽き臼
下山してすぐ移動するも迷う。ようやく見つけて…アプローチが長い上に悪かった。

蝦夷生艶気蒲焼 5p 5.10b 4pまで

DSC_0042
1p目 5.9か8 リード
DSC_0044
2p目 5.7 フォロー

3p目 5.5 歩き

DSC_0054
4p目 5.10b フォロー
 やたら長くてカムがいくつあっても足りないのではと。懸垂でもやっぱりロープが足りなかった。
 ちなみに左に行けばロングナイト5.12bでオススメらしい。

4p目を登りきったところで時間がないことがわかったので敗退して下山。

PUMP2

アップ2本
ツナミ黒12a 3try
ダウン2本

2テンまで。クロスしてクリップするところとルーフから抜けるところがツラい。
ムーブの強度はそんなに高くはないと思うんだけどレストポイントが見つからない。
あってもマッチとか出来ないから片手しか休められない。

PUMP2

アップ2本
ツナミ黒12a 3try
ダウン1本

全貌が見えてきたがちょっとヌルい気がした。登れないんだけど。
レストポイントを作ることが出来ればな。

フリーウェイ

瑞牆に移動してトレーニングとしてマルチピッチ。お題はフリーウェイ5.11c。
ちなみに始点は憧れのイクストランへの旅と同じである。再訪にも関わらず迷った(笑)

DSC_0019
1p目 5.10d
3ピン目あたりでテンション。ホールドがない。難しい…そしてハングを超えるべきところを間違えて左から巻いてしまった。ハングにのってからも難しい。5.10dとは思えない難易度である。
DSC_0020
2p目 5.11c
ピッチの中で一番グレードが高い。結論からというと1ピン目から先に進めず。5.11cとは思えない難易度であった。
DSC_0021
2p目の終点から
DSC_0023
3p目 5.10a
フィンガークラック。やっとホッとするグレード(笑)
DSC_0025
4p目 5.10a チムニー
濡れていたので敗退した。最初オブザベしたときは右から足ブラで登るのかと思いきや左のフェイスからチムニーに入るそうだ。オブザベ能力が足りない。

下山後、中途半端に時間が余ったので、避暑のエリアに移動。近いかと思いきや急登の連続で辛かった。

DSC_0030

やってみようと思ったのはカフェ・オレ 5.9。小川山レイバックに匹敵する内容とのこと。
さっそく取り付くも最初のレイバックで岩が剥離してフォール。
よーく見てみると全体的に脆そうなので中止。

今から一刀に移動しても時間が足りないのは目に見えていたので早々に下山。