シルクロード8日目

IMG_1193

7月16日 湯川
 早朝に長坂で降りると降雨中だったので即刻中止。清泉寮でソフトクリームを食したのちに本沢温泉に行ってみるかと北上したところ晴れてきたので登れるかもしれないと湯川に進路変更。
 シケシケだったものの問題なく登れた。小川山はエリアを選べれば登れた模様。

 フォーサイト 5.10ab 再登
 デゲンナー 5.8 再登
 サイコキネシス 5.10d 1try
  シケシケ過ぎて止まらず。

 夜はTさんの宴会に混ぜてもらう。

7月17日 小川山
 シルクロード 5.12bc 3try
  レギュラーが混んでいたのでいきなりヌン掛けから核心ムーブの練習でアップ。
  一便目はヌメりがひどすぎて序盤でフォール。
  その後は核心まではノーテンで行けるがスリップなどで登れず。状態が悪い。
  三便目は日が陰って状態は良くはなったものの微妙。
  天気やコンディションに左右されるなら秋まで封印した方がいいかもしれない…

 湯川で忘れ物を回収後に瑞牆に移動してテン泊。

7月18日 瑞牆山
 ベルジュエール 10P 5.11b

広告

湯川

received_1019046941523525

デゲンナー 5.9 再登
フォーサイト 5.10ab 再登
サイコキネシス 5.10d 2try
 最後のワイドでミスって登れず。そういえばワイドワイド言いながらあんまり登ってない。行かないとなあ。

湯川

DSCN0825

久々の湯川。
しかし先日の北川の消耗が激しくほとんど寝てばっかりだった…

デゲンナー5.8 ○
フォーサイト5.10a ×
テレポーション5.10d ×
 上部が抜けられずエイド
コークスクリュー5.9 ×

湯川でもノーテープで行ってみたが、ボロボロになったけれど、なんとか行けそうだ。

湯川 バンパイアRP

混ぜてもらって湯川へ。
11月末に長野なんて初めてのことである。

IMG_20141130_123044
道路が凍結してるのでは?寒いのでは?とそれなりの心持ちで向かったのだが、朝、霜柱が立っている程度で日中は19度を指すほど暖かくフリースだけでくつろぐことが出来た。

フォーサイト10ab TR○
027yukawa141130
本日の目標がこちら。
今までの最高グレードが10aだったのでちょっとだけ更新しとこうという企み。
TRを張ってもらって、カムセットの練習しながらトップロープ。次に本番でマスター。登れました。
フィンガーでカムセットって出来るの?それ人間なの?って感じだったんだけどこのルートでなんとなく分かったような気がします。

次は10bを登ってみようと北京の秋ってどれですかと聞いたところバンパイアを紹介された。このルートを北京の秋と信じたまま…
048yukawa141130

バンパイア10c ×○
二撃してグレード更新。
ハンドジャムが決まればレストし放題。ルートも長く一便目はカムが足りなくなって超ランナウトしてしまった。

ともかくもクラックでの最高グレードはこれで10cになった。けれどサイコキネシスは登れる気がしません。登りこむしかないですね。

湯川 久々のクラック

湯川へ。久々のクラック。
林道が荒れててフィットみたいな車高の低い車は突っ込めなくなったそうです。

デゲンナー5.8 ○
フォーサイト10ab TR
DSCN0310コークスクリュー5.9 OS
DSCN0321サブタナル5.9 OS
DSCN0325サイコキネシス10d TR

もっとクラックをやる機会を増やせねば!
とりあえず10bを一度も登ったことがないのでとりあえずは10bを狙って行きます。

at YUKAWA

ブギーボードが消せなくなってしまう。電池が切れたようだが交換不可なので自分でバラすしかない。
面倒だからホワイトボードに切り替えることにしよう。

クラック講習で湯川まで連れていただく。
秋のはずなんだが、とても寒かった。もうこれからの岩場は冬装備でいいかもしれない。

基本のおさらいから、模擬リードまで。

混んでて触れたのは北風小僧と、デゲンナーだけ。

フットジャムにも慣れつつあるようだ。

石田さんが面倒くさがらず何から何まで筆談で教えてくれるのでものすごくためになっている。

たとえばカムが足りないので、足元にあったカムを抜いて上に刺すときのリスクマネジメントなど。
刺さったらいいとして刺さらなかったらどうするのか。刺さらなかったらその分ランナウトしてグランドのリスクが高まる。それを承知して行くか否か。

たぶん健常者と登りに行ってもおそらく伝えるまでもないだろう内容まできちんと書いてくれるので助かっているしナチュラルプロテクションの難しさを実感出来た。

境川食堂のコスパは最高。

石田登山塾 湯川


クラックの技術をしっかり身につけたいと思ったことから石田さんの登山塾を受講。

今までにも健常者に紛れ込んで講習を受けたりしていたが、講師の理解が少なく筆談で要約して伝えられたり、普通に喋られてカタコトしか分からなかったり、他の生徒のペースに合わせて飛ばされたりと少ない情報から自分なりに整理してトライアンドエラーを繰り返しては身につけていった感がありますが、今回の石田さんはものすごい丁寧に教えてくれたので助かりました。

また今までに勘違いして覚えていたところも多く修正させていただきました。

石田さんとは初めてということもあり、実技はなしてトップロープでトライさせていただきました。

台湾坊主5.9 ○○
デゲンナー5.8 ○×(スリップ
北風小僧5.9 ○

二日間の予定だったが、日曜の天気が雨の予報だったためキャンセルしてあずさで帰京。
結果的に晴れたようですが…

メモ
ハンドは親指も目一杯広げた状態でフィンガー+α程度にも入る
フィンガー指を重ねて曲げると幅が広がる
フィスト親指を中に入れたらパンプしにくいかもしれない
フットは横にねじるのは意識しない。縦に入れてそのまま立ち込むと自然に横にねじられる
順手、逆手はムーブにも影響するのでよく考えて
靴はミウラ39がいいかもしれない。
湯川 012